胸やバストトップ(乳首)など、形や色の種類、お手入れ方法になります。

 

胸や乳首、形や色の種類

胸のイラスト

 

人によって大きさが異なる胸は、バストトップの乳首もまた形や色に個人差があって、複数の種類に分類されるのが特徴です。。

 

平均的なバストトップは、大きすぎず小さくもなく、適度に丸みを帯びている形をしています。

 

乳輪も平均的だと違和感を覚えさせないので、バランスが良く見える理想的なスタイルだといえます。

 

また、色も極端に黒かったりピンクではないことから、多くの人が憧れる絶妙なバストトップとなります。

 

普段の生活で不満を覚えることはまずありませんし、擦れて痛いなどの悩みを抱えるケースも少ないでしょう。

 

ただし、お手入れを怠ると将来的に黒ずみますから、黒ずまないように優しくケアをすることが必要です。

 

色黒の乳首は生まれついたものも多いですが、日常生活によって色が黒くなる場合もあります。

 

後天的な変色については、下着との摩擦やメラニン色素の蓄積によって、黒さが増すことが知られています。

 

その為、胸にフィットする下着を身につけたり、摩擦が発生しないように注意することが大切です。

 

 

お手入れ方法は?

お手入れ方法について

 

1日中下着と擦れるバストトップは、毎日ケアをして労ってあげる必要があります。

 

肌と同じくバストトップも乾燥すると傷つきやすく、守ろうとする細胞が色素を沈着させるので、保湿ケアを行うのが基本です。

 

乳首の形に関わらず、入浴の際は泡立てた石鹸で優しく包み込み、指で洗うようにして汚れを落としましょう。

 

ボディタオルを使ったりゴシゴシ擦ると、強い摩擦が生じるので厳禁です。

 

元々デリケートな部分ですから、力を入れて擦る必要は全くありませんし、むしろ泡で洗うだけで十分です。

 

石鹸は肌に対する刺激性の少ないものを絞り込み、泡立ちの良さで選ぶのがベストです。

 

洗浄が済んだら水滴を拭き取り、酸化しにくいオイルを薄く塗り広げて保湿しましょう。

 

バストトップが大きめだったり、敏感で下着の擦れが気になる人は特に、日々のケアを怠らないないようにしたいものです。

 

既に黒ずみが進んでいて、ピンク色に憧れるのであれば、ケアに加えてビタミンCの摂取も心掛けたいところです。

 

ビタミンCは細胞にとって不可欠で、不足すると肌荒れなどに影響しますから、バストトップにとっても重要な栄養素です。

 

水溶性のビタミンCは、一度に沢山摂取しても余剰分は排出されるので、こまめに補給するのが良いでしょう。

 

乳首用のケアクリームには、ビタミンCを配合している製品が多いので、毎日使うことで少しずつ色素が薄くなって理想の色に近づきます。

 

短期間に黒ずみが進んだと感じた場合は、バストトップに炎症が発生して、それを繰り返すことで色が濃くなっている可能性があります。

 

摩擦の刺激は慣れると感じにくくなるので、炎症が起こっても気がつかなかったり、慢性的なものとして当たり前になっている恐れが強いです。

 

ピンク色、あるいはナチュラルな色を実現したり保つ為には、外的な刺激を最小限に留めることが必須です。

 

胸は姿勢でかなり形が変わりますから、柔軟な対応力で常にホールドする下着が必要となります。

 

それと、ホルモンの影響で色が変わるケースもあるので、女性は妊娠と出産や更年期など、ホルモンバランスが変化する時期に要注意です。

 

美白成分で有名なハイドロキノンやトレチノインは、乳首の色素にも有効ですから、日常的なケアで解消しない場合はこれらの活用を検討しましょう。

 

胸のホールドや適切なケアは、バストトップを保護したり理想に近づけることになるので、毎日まとめて習慣的にケアをすることが重要です。

 

両脇やアンダー、鎖骨から下に刺激を与えるマッサージは、血行やリンパを促進して美しいバストに導きます。

 

力を入れ過ぎたり、擦り過ぎるのは厳禁ですが、オイルを使って滑らせるようにマッサージをするのは良いです。

 

力加減ややり方が適切だと、次第にポカポカとしてきたり、気持ち良くてリラックスできます。

 

このようなケアを定期的に行うことで、ハリとツヤを併せ持つ魅力的な胸が手に入ります。

 

 

陥没乳首が気になる…

陥没乳首

 

いわゆる陥没乳首の人は、摩擦の心配はあまりないものの、鏡を見る度に気になる問題があります。

 

女性だと授乳の心配にも繋がりますから、そのまま放置しておくのは心理的にも良くないでしょう。

 

押し出すように刺激を与えることで頭を出す場合は、仮性なので自力で改善できる可能性に期待できます。

 

毎日指先にオイルをつけて押し出すと、やがて癖がついて元の状態に戻りにくくなります。

 

陥没乳首の刺激には乳首グッズも有効です。

 

吸い付くような刺激、電動の刺激でマッサージ効果などが期待できます。

 

一昔前は乳クリ悶もんエイトなどがおすすめでしたが、現在はU.F.O.SAなどが主流になります。
参考のサイトです

【U.F.O.SA】評判や口コミは?電動チクニーブーム!最安値
ufosa紹介サイト

 

U.F.O.SAは男女兼用です。この「男女兼用」と「男性でも使用可能」には実は雲泥の差があります。

 

女性の場合、乳首や乳房は男性より発達していて感度も高いです。パートナーとのプレイでもマストと言ってよいくらい愛撫されるセックスシンボルでもあります。

 

従って、自然と開発されているのが女性の乳首です。しかし男性の場合、乳首や乳房は女性と違って未開発or開発途上。女性に比べサイズも小さい傾向にあります

引用元:https://adult-mossashi.com/items/chikubi/ufosa.html

 

しかし、早く改善したいからとやり過ぎれば逆効果ですから、1日数分程度に留めて、爪などの刺激を極力与えないようにするのが無難です。

 

 

おっぱいは女性らしさをあらわす象徴です!

 

バストは女性らしさをあらわす象徴でもあり、特に夏にプールや海などで水着になった場合や、温泉や銭湯に行くとなった場合には、大きさはもちろんですが、形も気になるという女性は多いものです。

 

くっきりと谷間ができるような美しい形のバストは、多くの女性のあこがれと言えます。一言で女性の胸の形と言っても様々な種類がありますが、日本人の女性の場合には、ややつり下がった形の柔らかいバストが多く見られます。

 

反対に欧米人の場合には、全体的に丸みを帯びていてかたく、ハリのあるお椀の形をしている人が多いことでしょう。

 

このようなことから、日本人はバストの形にコンプレックスを持っている人が多くみられます。しかし大きなバストを手に入れるよりも、形の良いバストは自分で手に入れることができるのです。

 

 

胸は大きく分けると7つの種類

 

女性の中には、男性はバストの大きさを重視していると思っている人が多いですが、実は男性も女性と同じように、バストの形を重視している人が多く見られます。

 

一般的に女性のバストの形は、大きく分けると7つの種類に分けられるといわれていて、男性と女性とでは、あこがれる形に違いがあるのかもしれません。

 

皿型

一つ目の形の種類に挙げられるものが、皿型と呼ばれるものであり、これはトップとアンダーの差はほとんどなく、膨らみが比較的小さなタイプです。

 

お椀型

2、次にお椀型と呼ばれるものは、女性の目標の形とされています。お椀を伏せたときのように丸く半円型に近い形をしています。

 

底辺と高さがほぼ同じぐらいの大きさであり、高さはそれほど高いわけでもなく、ふっくらと丸みのある形が理想ですが、やや離れ気味で三角形が特徴です。

 

この形は女性が連想するきれいな形として人気があるといえるでしょう。

 

ヤギ型

3、そしてヤギ型と呼ばれるものですが、デコルテ部分には膨らみがなく、胸全体のボリュームが少なくしぼんでいるような形です。

 

ヤギの胸のようにたれさがっているケースが多く、この名前が付いています。もともとバストが大きかった人が加齢や過度なダイエットなどによって起こる体形変化から、下に垂れてしまうことが挙げられます。

 

半球型

四つ目が半球型と呼ばれるもので、丸くふっくらと均等に盛り上がっているものです。こちらもきれいな形のバストとして人気があるといえるでしょう。

 

三角型

5、そして三角型と呼ばれるものは外国人に多いとされています。横から見た時にデコルテに脂肪がなく、トップが上向きになっていて、全体の形が三角形に見えるので、このような名前が付いたことがわかります。

 

バストの幅に比べ高さが低く、カップ数がしっかりあり、たれさがっていないのが特徴です。デコルテがやせていてボリュームがないのが特徴といえるでしょう。

 

円錐型

6、そして円錐型と呼ばれるものは、幅よりも高さが高いのが特徴的です。上に突き出したような形なので、ロケット型と呼ばれることもあり、外国人に比較的多いと言えます。

 

釣り鐘型

7、最後は釣り鐘型と呼ばれるもので、全体のボリュームがあって、高さや幅も円錐型に近いけれどもやや下がり気味です。

 

正面から見たときに、釣鐘のような形に見えることからこの名前が付いています。

 

サイズが大きいので、大きなバストを好む男性には人気があるものの、ケアの仕方によっては垂れやすくなります。

 

バストが綺麗な芸能人5選

 

芸能界では数多くのバストが綺麗な芸能人がいますが、その中でも石原さとみさん、上戸彩さん、深田恭子さん、吹石一恵さん、小池栄子さんは非常に美しいバストを持っているといえます。

 

深田恭子

深田恭子

 

第一に女性があこがれる形の良いバストを持つ芸能人として、女優の深田恭子さんが挙げられます。

 

彼女のバスの魅力としては、大きすぎることなく、また小さすぎることなく、全体的なプロポーションに見合った自然なふくらみです。

 

飾ることのない自然体の美しさが彼女の最大の魅力といえるでしょう。

 

一言で表すならば、非常にナチュラルな自然体という言葉が似合います。

 

名前 生まれ 公式サイト
深田恭子 1982年 インスタ

 

石原さとみ

石原さとみ

 

二人目に挙げられるのが女優の石原さとみさんです。

 

彼女のバストの魅力としては、特徴的な唇との相乗効果が生み出すものと言えます。

 

非常にミステリアスでありながら、ほかの人にはない魅力があるのです。

 

名前 生まれ 公式サイト
石原さとみ 1986年 オフィシャル

 

上戸彩

上戸彩

 

そして3人目には上戸彩さんが挙げられます。子役時代からも定評のあるはっきりとしたメリハリのあるバストで、母親になったことによって、ますます大きくなったともいわれています。

 

迫力のあるバストは彼女の魅力の一つと言えるでしょう。

 

名前 生まれ 公式サイト
上戸彩 1985年 公式サイト

 

小池栄子

小池栄子

そして4人目は小池栄子さんです。
もともとグラビアやバラエティ番組などでも大きな活躍が見られていましたが、現在では女優としての才能が花開き、女優として活動しています。

 

元から胸は大きいものの、昔と比べても明らかに大きくなっているのがわかるでしょう。

 

名前 生まれ 公式サイト
小池栄子 1980年 オフィシャル

 

吹石一恵

吹石一恵

 

そして5人目が吹石一恵さんです。
あまりバストのイメージはないかもしれませんが、かなりきれいな胸をしているとも言われています。

 

ブラトップのCMにも出演していて、その美しさがわかることでしょう。

 

名前 生まれ 公式サイト
吹石一恵 1982年 オフィシャル

 

 

胸やバストトップ・まとめ

まとめ

 

胸もバストトップも、乾燥した状態で指で触れたり刺激を与えないことが注意点です。

 

乾燥状態は摩擦に弱く、簡単に細かな傷が入ってしまうので、炎症の原因になりがちです。

 

炎症は色素沈着の要因になりますから、色が気になっている人にとっては最も避けるべきです。

 

形も色も人それぞれ異なるので、個性として捉えることができますが、それでも気になるものはコンプレックスに変わります。

 

ただ、お手入れ方法次第で改善可能ですから、諦めないで根気良くケアを続けることが大事です。

更新履歴
トップへ戻る